小さなお店の続けかた つきまる雑貨店の場合

以前西荻に店舗があり、現在はイベント出店を中心に運営されている「つきまる雑貨店」。

店主のマツバラさんに、お店を続けていく上でのポイントや海外買付のコツについてお伺いします。

 

4月27日(土)

18:30〜20:30

参加費 2500円(アジアのお菓子付き)

 

「ていねいに、」開業当初から開催してきた「小さなお店のはじめかたワークショップ」シリーズ。
(現在は「小さなお店のはじめかたゼミ」として不定期で開催しています)
これからお店をはじめたい方向けに、西荻の飲食店や雑貨屋、サロンなどの店主の方たちをお招きし、
開業資金や開店準備のことなど、ざっくばらんな話を聞かせていただきました。

 

そのシリーズに最初にゲストとして登場してくれた「つきまる雑貨店」のマツバラアイコさん。
ワークショップでは、開業までの道のりや開業後の店舗経営のことについて、熱く語ってくれました。

そのマツバラさんを再度お招きし、「小さなお店の続けかた」についてお話を伺います。

 

お店を開業するのって大変と思っている方が多いと思います。
確かにいろいろ大変なことはありますが、それなりにまとまったお金と勢いさえあれば、実は開業すること自体はそんなに難しくはありません。

 

むしろ大変なのは、お店を継続していくこと。
やはり継続的に利益をあげていかなければならないというのが最大の問題です。
また、開業時の熱いモチベーションを維持するのは不可能ですし、家庭の事情や健康状態などにも左右されます。

 

マツバラさん自身も、最初は西荻で実店舗を経営されていましたが、
現在は地元の香川に戻り、年に数回の海外への買付(韓国・台湾・ベトナム・タイ)&イベント出店を中心にお店を運営されています。
その間に二人目のお子さんを出産され、家庭の状況もお店の経営形態も大きく変わりました。

 

マツバラさんには、主に2つのテーマでお話を伺います。
①つきまる雑貨店の経営について
西荻での実店舗の経営のこと、現在の運営のやり方のこと、子育てとお店との両立のこと、など。
②海外での買い付けについて
初心者でも卸市場で買い物をするコツ、国別での荷物の配送方法のこと、など。

 

このワークショップは、「ていねいに、」管理人の福田による、マツバラさんへのインタビュー形式で行います。
大きなテーマは決まっていますが、基本的には皆さんの知りたいことに合わせてマツバラさんにお聞きしていきます。

 

参加をご希望の方には、事前にワークショップで聞きたいこと(起業や、海外買付けについて)を事前にメールなどで伺います。
もちろん、当日の質問も大歓迎!
お茶やお菓子をつまみながらのゆるい雰囲気のワークショップなので、気軽な気持ちでご参加ください。

 

 

小さなお店の続けかた つきまる雑貨店の場合
日時    4月27日(土) 18:30〜20:30
参加費   2500円(アジアのお菓子付き)
定員    15名(最低催行人数3名)

 

話し手

マツバラアイコ

香川県出身、地元放送局で報道記者をしていたが

「お店屋さんになりたい」という幼い頃からの夢を叶えるため上京。

恵比寿のセレクトショップでアパレルの企画・販売を経験する。

第一子出産後、西荻窪で「つきまる雑貨店」を開業。

その間、引っ越し好きが高じて西荻内で移転している(北で3年、南で2年)。

第二子妊娠を機に、実店舗を閉店し、香川県にUターン移住。

年に数回海外買い付け→西荻でイベントを開催する形態を3年間継続している。

 

申込・問い合わせ

暮らしのいろいろ ていねいに、
担当 福田
03-3331-5750
teineini.nishiogi@gmail.com