ていねいに、ブログ

「小さなお店のはじめかたゼミ」卒業生のその後③

(2018年5月に取材しました)

6月より第7期をスタートする「小さなお店のはじめかたゼミ」。
これまでの受講生の中には、すでにお店を開業した方も何人かいらっしゃいます。
そこでこのブログで、その方たちのお店にお邪魔して、開業までのこと、ゼミに参加した感想などを聞かせていただこうと思います。

 

今回お話をうかがうのは、高野智子さん。

実は高野さんとは、僕の前職である安曇野市の宿泊施設、穂高養生園時代に一時期、一緒に働いたことがあります。

その時は主にヨガのクラスの担当していましたが、オイルトリートメントや足つぼマッサージのセラピストとしての経験の方が長く、穂高養生園を辞めた後も都内や沖縄のホテルのサロンでセラピストとして働かれていました。

「小さなお店のはじめかたゼミ 第3期(2017年1月~3月)」に参加し、その年の9月に大江戸線落合南長崎駅近くにアロマトリートメントのサロン「Saji Treatment」をオープン、現在に至ります。

 

高野さんのサロンに入るとまず目に付くのが打ちっ放しのコンクリートの壁と、大きな窓から入る明るい光。

リースやお花、ソファなど備品の一つ一つにも高野さんの気持ちが入っていて、とても落ち着く空間です。

こちらもリラックスしてインタビューをすることができました。

 

福田:今日はよろしくお願いします。

高野さんは、これまで主にホテル内のサロンのセラピストとして働いていたのですよね。

なぜ開業して自分でサロンをはじめてみようと思ったのですか。

 

高野:私がマッサージの仕事をはじめたのは20年くらい前なのですが、実はその頃の方が、自分のサロンを開業したいという気持ちが強かったんです。

結構、具体的に考えていたんですよ。一緒に住んでいたおばあちゃんが大好きだったので、おばあちゃんと組んで「足つぼマッサージバス」を作ってみようかとか。おばあちゃんに受付を担当してもらって、いろんなイベントに出たら楽しいかなと思って。

 

福田:「足つぼマッサージバス」、移動式のマッサージ店ということですね。斬新かも。

おばあちゃんが受付をしてくれたら親しみやすそうですね。

 

高野:ただ、現実的にお金をどうするとか、体力的にどうかと考えはじめてしまって。

ヨガの勉強や旅行など、他にやりたいことも出てきたというのもあります。自分でやりたいっていうのが、そこまで優先ではなくなってしまったんです。

それが、ホテルのサロンで働いているうちに、このペースで続けていくのは無理だと感じるようになってきました。どうしても深夜までの勤務になってしまい、体力的に厳しいなと思うようになりました。

もちろんフリーでやっていくのも大変なのはわかっているけど、どうせ大変なら自分の実になるようなことをやっていけた方がいいなと思ったんです。

自分自身が伸びやかにできるスタイルで働きたいな、と。

 

福田:そうなると、自分でやるしかない、という感じだったんでしょうか。

 

高野:そうですね、やらないと気が済まなかったというか。

でもいきなり開業というよりは、最初はイベントに出店したり、レンタルサロンを借りてやっていくところから始めた方がいいのではとも考えていました。

気持ちとしては半々でしたね。

 

福田:ゼミに参加したのはその頃ですよね。

 

高野:はい、ちょうどその頃ゼミ開催の告知を読んで、その言葉がすごいヒットして。

 

福田:ヒット! どの言葉がヒットしたんですか。

 

高野:え?なんだっけ。忘れちゃった(笑)。

なんか、じんわり来る言葉だったんですよね。

でも、サロンを開業するにしろ、イベント出店中心にいくにしろ、個人事業主としてどんなことをやっていくのかという勉強になるかと思いました。

 

福田:実際に参加してみてどうでしたか。

 

高野:自分のプランを発表した時に、他の参加者の方の反応がみれたのが良かったです。

それまで、周りの人に話をしてもモヤモヤっとした曖昧な反応だったんです。

ゼミの参加者の方は、言葉は優しいけどニュアンスで、これは「あり」と思っているんだなとか「ない」と思っているんだなというのがよくわかって。正直な反応が伝わってきました。

その反応を踏まえて、自分の考えが整理できました。

また、「ていねいに、」の開業までの流れを聞けて、開業の疑似体験をできたのも大きかったです。こんな時には誰に話を聞きに行ったとか、こういうポイントを押さえておく必要があるとか。

まずは無理しないで、やれるところからやっていけばいいなと思えるようになりました。

 

福田:3月にゼミが終わって、6月に自宅の一室でサロンをはじめましたよね。

 

高野:はい、でも自宅ではやっぱり無理があることがわかりました(笑)

住所を書くこともできないし。どうしても制限がありますよね。

それでやっぱり場所を借りてサロンをやろうと思いました。

 

福田:それも結構早く、9月に実現しましたよね。

すごくいいペースで動いていたなという印象があります。

 

高野:グズグズしていると機会を逸するという気持ちがあって。

これまで10年以上、やりたいと思いつつ、なかなか実現しなかったので。

 

 

福田:サロンを開業して約半年経ちます。

率直な感想を教えてもらえますか。

 

高野:やっぱり楽しいです!

勤務だと、どうしても制約がありますよね。

自分としては違うなと思いつつ、上の人に言われた対応をしなければいけないとか。

それが一番ストレスだったんですよね。

ただ一方で、怖さもあります。

 

福田:怖さ?

 

高野:今まではお客さんが、○○サロンの高野さん、として来てくれていました。

極端に言えば、施術とか接客だけ考えていれば良かったんですが、自分の店だと全てに責任が伴いますよね。

例えばホームページとかサロン内の細かいものについても、自分に対する評価になってくるので、お客さんの反応に一喜一憂し過ぎているかなと。

 

福田:一人で経営していると、細かいことも全て一人で決めないといけないですよね。

施術後のお茶は何を出すとか、タオルはどんなものにするか、とか。

 

高野:お客さん一人一人の反応が違うので、ある程度割り切っていかないときりがないなと。

他のお店の方も、自分たちで折り合いをつけながらやっているんだなと、今更ながらわかりました。

 

福田:いい面も大変な面もありますが、開業して良かったと思いますか。

 

高野:良かったです。

正直、収入面などまだまだなところもありますが、続けていきたいと思っています。

 

福田:今後、このサロンをこういう風にしていきたいというのがあれば教えてください。

 

高野:外に出て行く機会を増やしていきたいと思っています。

イベント出店とか、出張とか。

 

福田:原点に戻って、「マッサージバス」はどうですか。

 

高野:ああ、いいですねー。

店舗を持つのはいいんですが、やはりどうしても固定費として家賃がかかってしまうので、それに捉われるよりは思い切って移動式にするのもありかも。

 

福田:穂高養生園時代に受けた、高野さんのヨガのクラスはとてもリラックスできました。このサロンでも、プライベートヨガクラスなんていいと思いますけど。

ヨガマットさえあれば、すぐにでもできそうですし。

 

高野:確かにプライベートヨガならこのスペースでもできますね。

ヨガまで行かなくても、ストレッチの個別指導をオプションで加えるのもいいかな。

まずはやれるところからやってみます。

 

 

お店情報

Saji Treatment

豊島区南長崎4-6-5-302

https://ecodaaromabu.jimdo.com

 

「小さなお店のはじめかたゼミ」第8期生を募集しています!

小さなお店のはじめかたゼミ 第8期

「小さなお店のはじめかたゼミ」卒業生のその後②

(2018年3月に取材しました)

6月より第7期をスタートする「小さなお店のはじめかたゼミ」。
これまでの受講生の中には、すでにお店を開業した方も何人かいらっしゃいます。
そこでこのブログで、その方たちのお店にお邪魔して、開業までのこと、ゼミに参加した感想などを聞かせていただこうと思います。

 

今回お話をうかがうのは、カツヤマケイコさん。
カツヤマさんは第3期(2017年1月~3月)に参加され、ゼミ終了後すぐの4月、三鷹駅南口に古道具と作家物のアクササリーを扱うお店「BROCCA」を開業されました。
元々フリーのイラストレーターとして活動されており、今もお店の営業と並行して、イラストのお仕事もされています。

 

 

福田:今日はよろしくお願いします。カツヤマさんはフリーのイラストレーターとして活動されていますが、そちらのお仕事がありながら、なぜ古道具とアクセサリーのお店をはじめようと思ったのでしょうか。

 

カツヤマ:3年くらい前に、イラストレーターの友人が子供にアートを教えるアトリエを開いたんですね。自分の仕事場兼、子供に絵を教える教室をやる場所として。それにすごい感銘を受けたんです。
アトリエの準備として、壁塗りなどを手伝っているうちに、なんかすごくいいなーと思って。
それまでは自宅で仕事をしていたのですが、私も外で何かやりたいなと。

 

福田:なるほど。イラストレーターの事務所兼で何かをやりたいと。
それが古道具とアクセサリーの販売になったのはどうしてでしょうか。

 

カツヤマ:元々フランスの古道具が好きで買い集めるうちに、「売るほどあるな」と思って(笑)
ただ実際にお店をやるとなると、それだけでは足りなくて、赤坂の蚤の市に仕入れに行きました。
そこに自作のアクセサリーを販売している方がいて、素敵だなと思って声をかけたのがきっかけです。その方が、他の作家さんも紹介してくれました。
元々蚤の市に出店している方の作品なので、古道具との相性もいいですしね。

 

 

福田:ご自分が好きなものを組み合わせていくということですね。
そうやって販売するものやコンンセプトを考えながら、物件探しもしていった。

 

カツヤマ:そうですね。今の物件は半年くらいずっと目をつけていたんです。
イラストの仕事が忙しくなったりして、なかなか決められなかったんですが、2016年の12月に契約しました。

 

福田:物件を契約した後、ゼミに参加されたんですよね。
実は今までで、ゼミを受ける時点で物件の契約まで進んでいる方って、カツヤマさんだけなんですよ。
ゼミの申込のメールに物件のことが書いてあって、ちょっとびっくりしました。
開業する上で、物件の契約というのはかなり大きなポイントです。
そこまで進んでいて、何を期待してゼミに参加されたんでしょうか。

 

カツヤマ:あ、私だけなんですか(笑)
ただ物件は決めたと言っても、右も左もわからない状態だったので、具体的な話を聞きたいなと思って。

 

福田:実際に参加してみて、いかがでしたか。
期待していた具体的な話というのはどんなことだったんでしょうか。

 

カツヤマ:やっぱりお金の話ですね。開業費用のことや実際の売上など。
なかなか本を読んでいても、そのあたりはぼかされていて、細かくは書いていないですよね。
ゼミでは、かなり具体的なところまで聞けたので良かったです。

 

福田:確かに。僕もネットや本で出すなら、そこまで細かい数字は出せないですよ。
ゼミのように直接顔を合わせている方ならいいですが。

 

カツヤマ:それと当時、内装の業者のことで悩んでいたので、「ていねいに、」の内装を担当した工務店を紹介してもらえたのがありがたかったです。

 

福田:悩んでいたというのは?

 

カツヤマ:ネットで探したいくつかの業者に見積もりやプランを作ってもらったのですが、なかなかこっちのイメージ通りものができなくて。
なんでこんな風になるのかな、というのができてきたりして(笑)
「ていねいに、」の内装の雰囲気がいいと思ったので、同じ工務店の方ならイメージに近いものを作ってくれると思いました。

 

福田:内装業者選びも難しいですよね。
自分が好きだなと思ったお店の人に、そこの内装業者を聞いてみるというのはいい手だと思います。
聞かれるお店側としても、そこまで自分の店の雰囲気を気に入ってくれるというのは嬉しいことですし。
次は、開業する前にこれをやっておけば良かったなということがあれば教えてください。

 

カツヤマ:人通りなど、立地に関する調査をもっとしてけば良かったですね。
この物件が気に入りすぎて、そこまでは考えていませんでした。
駅から近いしバス通りだからいいかなと。
でも実際は、あまり歩いている人がいなかったんです。

 

福田:確かにバス通りだけど、歩道が狭くて歩きにくそうですね。

 

カツヤマ:そうなんです。それと自転車も止められないし。
あと、車の通りが多すぎて、埃が多い!

 

福田:お客さんが入って来やすいように、季節のいい時は店の入口は開けっ放しにしたいところですが、それは難しそうですね。

 

カツヤマ:そうそう。

 

福田:最後に、今後のことを聞かせてください。
ゼミの時の発表では、夢は「古道具屋兼立ち飲み屋」と言っていましたけど。

 

カツヤマ:それは遥か先ですね(笑)
今考えているのは、アクセサリーのネットショップです。
これは具体的に検討しています。

 

福田:「古道具屋兼立ち飲み屋」ぜひ実現させてください。
楽しみにしています。
今日はありがとうございました。

 

 

お店情報
BROCCA
三鷹市下連雀3-9-4
0422-24-6078
http://www.brocca.tokyo

 

「小さなお店のはじめかたゼミ」第8期生を募集しています!

小さなお店のはじめかたゼミ 第8期

「小さなお店のはじめかたゼミ」卒業生のその後①

(2018年2月に取材しました)

6月より第7期をスタートする「小さなお店のはじめかたゼミ」。

これまでの受講生の中には、すでにお店を開業した方も何人かいらっしゃいます。

そこでこのブログで、その方たちのお店にお邪魔して、開業までのこと、ゼミに参加した感想などを聞かせていただこうと思います。

 

最初にお話を伺うのは、戸嶋香織さん。

戸嶋さんは第3期(2017年1月~3月)に参加され、その年の12月に西荻窪駅南口にスープのお店「おんしんスープ」を開業されました。

西荻にお住いの方はご存知かもしれませんね。

開業してまだ2ヶ月、できたばかりのお店に伺いました。

 

西荻窪駅南口、小さな路地を入ったところにあります。

 

ーこんにちは。今日はよろしくお願いします。早速ですが、全然知らない方に説明するとして「おんしんスープ」さんはどんなお店でしょうか。

 

戸嶋「こちらこそ、よろしくお願いします。名前の通り、「温」かいスープを「心」をこめて提供する飲食店、というところでしょうか。いらした方が、ホッとして、元気になれるようなお店になれたらと思っています」

 

ーお店をはじめたいと思ったのはいつ頃からでしょうか。またなぜ「温かいスープを心をこめて」というコンセプトを考えたのですか。

 

戸嶋「5年くらい前から漠然とお店をやりたいなと思っていました。当時は夫の経営する介護の会社のお手伝いをしていて、スープならお年寄りの方も食べやすいかなと。また、忙しい女性やお子さんにとっても、スープって嬉しいですよね。老若男女問わず楽しめて、食べるとホッとできるというのがいいなと思いました」

 

ーその漠然としていたものが、徐々に具体的になっていったんですね。

 

戸嶋「2017年3月の西荻ラバーズフェスに参加してみようと思ったのが大きなきっかけですね。フェスにスープ屋として参加してみようと思ってから、具体的に考え出しました。それが2016年の年末くらいです。ちょうどその頃、「小さなお店のはじめかたゼミ」の告知を見て、具体化していくにはいい機会だなと思いました」

 

ー「小さなお店のはじめかたゼミ」にはどんなことを期待して参加されたのですか。

 

戸嶋「自分のプランをプレゼンできる、というのがいいなと思って。私のプランを聞いて、他の参加者の方がどんな反応をするのかに興味がありました。あと、「ていねいに、」を開業するまでのことを聞いてみたいと思いました。なかなか、実際にお店をされている方のお話を聞く機会ってないですよね」

 

ー実際に参加されて、いかがでしたか。

 

戸嶋「他の方のプレゼンを聞けたのが良かったですね。とてもおもしろかったです。また、自分のプレゼンに対して、いろいろ意見を言っていただいたのも参考になりました。「ていねいに、」についても、開業費のことなど、細かいところまで話を聞けて、なるほどと思いました」

 

ーゼミが終了した後、3月にラバーズフェス、4月と5月には神明通り朝市への出店と順調に経験を重ねていきました。

 

戸嶋「5月には「ていねいに、」でワンデイカフェもやらせてもらいました。イベントへの参加と違って、接客や会計など、実際のお店に近い流れを経験できたのは大きかったですね。慣れないせいでバタバタしてしまいましたが」

 

ー確かにイベントへの出店と、実際の店舗とは違いますよね。そして、物件探しを本格的にスタートされたんですね。

 

戸嶋「はい、スープのお店なので冬にはオープンしたいと思っていました。ここの物件が決まったのが10月で、12月9日にオープンしました」

 

木をベースにした落ち着く店内。

 

ー開業するまでに大変だったことはありますか

 

戸嶋「料理のこと以外にもやることがたくさんあるんです。照明とか、メニューの書き方とか、細かいことを一つ一つ決めていくのが大変でしたね。開業までの時間がない中、全部、自分たちで決めないといけないので。」

 

ー開業から2ヶ月が経ち、今思えば開業前にやっておいたら良かったなということはありますか。

 

戸嶋「スープの研究をもっとじっくりやっておけば良かったですね。季節ごとのスープとか。やっぱりお店がはじまっちゃうとなかなか新しいことができないですね」

 

ー今後お店をこんな風にしていきたいなど、これからのことを聞かせてください。

 

戸嶋「テイクアウトを増やしていきたいですね。このあたりは、お子さん連れのお母さんも多いので、テイクアウトの需要はあるように思います」

 

ーありがとうございました。

 

スープを運ぶ戸嶋さん。

おんしんセット(ダブル)。テイクアウトも可能です。

 

スープのお店と聞くと、男性には量が足りないのかなというイメージがありますが、写真のように、結構ボリュームもあります。

(もちろん、オーダー次第でスープ1種類など、少なめのメニューもあります)

戸嶋さんがおっしゃるように、心も身体も温かくなるお店です。

 

 

お店情報

おんしんスープ

杉並区西荻南3-16-5

03-6876-6267

https://twitter.com/onsinsoup

【営業時間】11:30~21:00

【定休日】月・火

 

「小さなお店のはじめかたゼミ」第8期生を募集しています!

小さなお店のはじめかたゼミ 第8期

月曜担当「なかなかどう」が、3月末で営業を終了します。

現在、月曜日に営業している「きっさと占い なかなかどう」が、

3月末で「ていねいに、」での営業を終了することになりました。

 

かえるさんの占いは4年以上、池間さんのきっさも2年半に渡り、「ていねいに、」の一角を担ってくれました。

ありがとうございました。

 

「なかなかどう」としての活動は今後も続けていくようで、この2月より「なかなかどうアトリエ kiChi」という新しい場所もオープンしました。

よかったらこちらもご利用ください。

http://nakanaka-web.strikingly.com

 

なかなかどうの終了に伴い、営業時間を下記のように変更します。

◆カフェ

なかなかどうが終了する以外はこれまで通り

◆セラピー

はり灸などのセラピー  月・火・金・土・日

よもぎ蒸し       水・木(水曜は17時まで)

◆レンタルスペース

月  10:00〜19:00

火  10:00〜16:00

土日 18:00〜21:00

 

なかなかどうの時間はカフェとしては営業せず、レンタルスペースとして、いろいろな講座を開催していきます。

講座やワークショップの開催をご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

問い合わせ

暮らしのいろいろ ていねいに、

担当 福田

03-3331-5750

teineini.nishiogi@gmail.com

 

年末年始の営業について

早いもので、今年もあと1ヶ月。

年末年始の営業についてお知らせします。

 

 

12月29日(金)まで  通常営業

12月30日(土)    カフェ休み

             セラピー営業

 

12月31日(日)

   〜         正月休み

 1月 5日(金)

 

 1月 6日(土)から  通常営業

 

※1月7日(日)の「おこさまボーイズ」のカフェはお休みで、

午前中は「こども化学実験室」、午後は「正月カギオカ写真館」を開催します。