ていねいに、ブログ

年末年始の営業について

早いもので、今年もあと1ヶ月。

年末年始の営業についてお知らせします。

 

 

12月29日(金)まで  通常営業

12月30日(土)    カフェ休み

             セラピー営業

 

12月31日(日)

   〜         正月休み

 1月 5日(金)

 

 1月 6日(土)から  通常営業

 

※1月7日(日)の「おこさまボーイズ」のカフェはお休みで、

午前中は「こども化学実験室」、午後は「正月カギオカ写真館」を開催します。

 

びわの葉エキス作り

「びわの葉エキス」がなくなってきたので、また作ろうと思いつきました。

 

びわの葉エキス。

 

ご存知ですか?
「エキス」って、ちょっと怪しげですかね?

 

でも別になんてことはなくて、単なる「びわの葉の焼酎漬」です。
びわの葉を焼酎に漬けておくと、葉の成分が焼酎に溶けていきます。
それが「びわの葉エキス」。

 

そんなのどうするの?と言われてしまいそうですが、びわの葉に含まれる成分には、
抗炎症作用、殺菌作用があると言われています。

 

びわの葉茶やびわの葉湿布など、びわの葉を使ったものはたくさんあり、びわの葉エキスもその一つです。

「ていねいに、」では「びわの葉温灸」という施術も行なっています。

 

僕自身も、蚊などの虫さされの際に使っており、最近はムヒやキンカンなどの市販のものは使わなくなりました。
患部にびわの葉エキスを塗ると、痒みが軽減し、腫れも早く引くような気がします。
あと、アルコールなのでひやっと気持ちいい。

 

他にも、アトピーの方が肌に塗ったり、口内炎の時にうがい薬として使うこともあります。
もちろんお酒なので、梅酒みたいに飲むこともできますよ。
(そのままではおいしくないとは思いますが)

びわの木を下から見てます。

 

ハシゴをかけて。

 

葉っぱをとります。(一人なのでこんな写真しか撮れず)

 

取ってきたびわの葉。

 

ザクザク切って瓶の中へ。

 

果実酒用の焼酎です。

 

焼酎を瓶に注ぎ、今日の日付を記入。

はい。完成。
簡単ですね。

ただ、葉のエキスが焼酎に染み出していくには時間が必要。
2~3ヶ月と言われていますが、来年の夏に向けて早めに作りました。
焼酎の色がだんだん茶色になり、葉の色は落ちて行きます。

びわの葉エキスを欲しい方は、スプレーボトルを持ってきていただければお分けしますよ。